「得してないのに喜ぶなんて、損してるのと同じ」カツオの言葉が深すぎる? 『サザエさん』名言トップ3(1月21日)

 

国民的アニメ「サザエさん」は、子供から大人まで安心して見ることができるとても平和な内容。だが、時折「おや?」と思ってしまうようなシーンや言葉が登場することも。そこで今回は、1月21日放送の「サザエさん」名言トップ3を紹介!

 

3位 サザエ
「やだ、枕カバーだ」
出典:カゼ流行ってます(作品No.7719)

 

母親が風邪になってしまった近所の家で、お手伝いをすることにしたサザエ。意気揚々とエプロンを家から持ってきたつもりが、広げてみると枕カバーだったことがわかった。サザエは顔を赤くしながら「私としたことが…」と恥ずかしがっていたが、ネット上では「エプロンと枕カバーを間違えるとか大丈夫か?」「おっちょこちょいとかのレベルじゃない」といった反応が。

 

2位 波平
「寝てる寝てる。カワイイもんだ。こっちを向かんかな。笑い顔が見たいなぁ」
出典:シアワセ姉さん(作品No.7730)

 

ある日のこと、波平は夜遅くに帰ってくるとすぐにフネに「子どもたちは?」と尋ねる。寝ていると聞いた波平はそっとカツオとワカメの寝室を訪れ、2人の寝顔を見ながら上記の言葉を口に。怒っている印象の強い波平の優しい一面に「波平がホントは優しいのわかってめっちゃほっこりした」「帰ってきて子ども部屋を覗いて寝顔を見る波平は、本当にいいお父さんだよね」など感動の声があがった。

 

そして波平は、翌朝嬉しそうに仕事へ出かけていく。カツオとワカメはなぜ波平が自分たちの寝顔を見ただけで嬉しそうにしているのか不思議がっていたが、これには「親にしかわからない気持ち」といった声も。

 

1位 カツオ
「得してないのに喜ぶなんて、損してるのと同じじゃないか」
出典:シアワセ姉さん(作品No.7730)

 

欲しい時にちょうどティッシュをもらえたり、信号がタイミングよく青になったり、雨が降りそうで降らなかったり、お会計が777円になったりなど、些細なことに幸せを感じるというサザエ。しかしカツオはサザエの価値観が理解できないようで上記の言葉を口に。これにはネット上で「カツオは深い事を言うなぁ」「哲学だな」「ちょっとカツオやさぐれ過ぎじゃない?」など様々な反応があがった。