ドククラゲを“とびげり”で沈めるコジロウが強すぎる! 『ポケモン』58話に大反響

 

1月18日にアニメ「ポケットモンスター サン&ムーン」第58話が放送。コジロウがめちゃめちゃ強かったと話題になっている。

 

第58話「泣かないでヒドイデ!」では、コジロウのポケモン・ヒドイデが、昔片思いしていたセンパイのヒドイデ(以下、センパイ)に再会。しかしヒドイデは既にセンパイに対する好意などすっかりないようで、センパイの前でコジロウにデレデレする。

 

するとセンパイは、コジロウがヒドイデをたぶらかしていると勘違いし、ドヒドイデへと進化してコジロウに毒攻撃。いつもヒドイデから毒を受けているコジロウだが、センパイの毒は比較にならないほど強烈で完全にダウンしてしまう。するとコジロウは毒にうなされながら、センパイのヒドイデへの想いを汲み取り、ヒドイデを手放すことを決意。この話をこっそり聞いていたヒドイデはショックを受けるのだった。

 

翌朝、ヒドイデがコジロウの元を離れて1人で海岸を歩いていると、ドククラゲが現れてヒドイデを襲撃。だがそこへコジロウがさっそうと現れ、ドククラゲに飛び蹴りを食らわして撃退する。

 

さらになりゆきで、コジロウはヒドイデをめぐってセンパイと決闘することになると、センパイから毒攻撃を受けても今度は気力だけで回復。センパイと互角の殴り合いを繰り広げて、2人の間には友情が芽生えることに。

 

そして最後に、またもやドククラゲが襲ってきたのだが、コジロウはドククラゲの触手を掴んで空の彼方へと投げ飛ばしたのだった。

 

ポケモンと互角以上に渡り合うコジロウには、視聴者から「コジロウ強すぎるでしょwwww」「サトシが強い強いと言われていたけど、コジロウも半端ない」「コジロウは『とびげり』を覚えているのか」「『とびげり』と『ちきゅうなげ』使えるコジロウ、格闘タイプかな」といった驚きの声が。

 

手持ちのポケモンよりも優秀に見えるコジロウ。長年サトシと渡り合ってきただけあるようだ。