トップ3はアイラウイスキーが独占! 2017年にもっとも飲まれたウイスキーランキング!

 

日本最大級のバー&ウイスキー愛好家アプリ「HIDEOUT CLUB」を運営する株式会社ハイドアウトクラブが、2017年内にアプリに投稿されたウイスキーを集計。2017年にもっとも飲まれたウイスキーランキングTOP100を発表した。

 

2017年も盛り上がり続けた日本のウイスキー市場。ここ10年は毎年のようにマーケットが拡大しており、2017年は国内市場規模2,800億円を突破した。ハイボールの認知度向上や2014年に放映されたTV番組の影響で、多くの日本人にとって馴染み深い存在になっている。

 

また世界的にもウイスキーブームが続いており、新興国を中心に盛り上がり中。インドや台湾、オーストラリアなど様々な国で作られているウイスキーも日本に輸入され、今や10万種類以上のボトルが世界に流通しているという。

 

そんなウイスキーブームの中、「HIDEOUT CLUB」には2017年に約2万件のウイスキーレビューが投稿され、投稿されたウイスキーブランドは2,000種類に及んだそうだ。早速、2017年に「HIDEOUT CLUB」ユーザーが飲んだウイスキーブランドのトップ100を発表しよう。

 

100位から41位には世界5大ウイスキーが全てランクイン!

スコットランド、アイルランド、アメリカ、日本、カナダの世界5大ウイスキーがバランスよくランクインする結果に。コンビニでも売っている「角瓶」や「アーリータイムズ」などのリーズナブルなウイスキーもあれば、「ローズバンク」や「ポートエレン」など2017年時点では蒸溜所が閉鎖されている希少なウイスキーもランクイン。近年、世界的に人気が上昇している台湾のウイスキー「カバラン」は44位にランクインした。

 

40位から21位にはメジャーなウイスキーが早くもランクイン!

「もっと順位は上じゃないの?」と思ってしまうような有名ウイスキーが多数ランクイン。30位台にはアメリカ産ウイスキーのメジャーブランド「ジムビーム」や「ジャックダニエル」「ワイルドターキー」「メーカーズマーク」が。また20位台には、多くのファンを持つ日本の有名ウイスキー「白州」「竹鶴」「宮城峡」「響」がランクインしている。

 

20位から11位のウイスキーは人気ウイスキーが勢揃い!

NHK朝の連続ドラマ小説「マッサン」で有名になった、北海道に蒸溜所を構える「余市」は13位。また20位の「シーバスリーガル」以外は、シングルモルトウイスキーがランクインする結果になった。世界で最も売れているシングルモルト「グレンフィディック」は、まさかの19位。近年、黒胡椒を使ったスパイシーハイボールなどでも人気の高い「タリスカー」は16位だった。

 

トップ10はスコッチウイスキーが大半! 日本のウイスキーも大健闘!

10位は日本最古のモルトウイスキー蒸溜所で作られている「山崎」、7位は2017年に世界一の賞を獲った「イチローズモルト」、そして5位はメジャー商品の「ブラックニッカ」。「HIDEOUT CLUB」ユーザーに最も飲まれたジャパニーズウイスキーは、「ブラックニッカシリーズ」という結果になった。8位と9位には納得のブレンデッドウイスキー「バランタイン」と「ジョニーウォーカー」がランクイン。4位と6位には安定した人気のスペイサイドウイスキー「マッカラン」と「グレンリベット」が。3位はウイスキーの中でもトップクラスのスモーキーさを持つ「アードベッグ」、2位は“好きになるか嫌いになるかのどちらかだ”というキャッチコピーのある「ラフロイグ」、そして堂々の1位はアイラの女王と称される「ボウモア」という結果に。

 

サントリーの「角瓶」が火をつけたハイボールブームだが、角瓶に留まらず他のウイスキーの飲み方にも影響を与えているようす。9位のジョニーウォーカー、6位のグレンリベット、5位のブラックニッカ、3位のアードベッグ、2位のラフロイグはハイボールでの投稿も多く、ランクアップに大きく貢献。ハイボールとの相性が上位ランクインの鍵になったようだ。