「めっちゃオシャレだけどラインナップが完全に俺んち」 女優・佐藤藍子が本棚を公開し話題

 

 

女優の佐藤藍子が2017日4月11日(火)に自身のブログを更新。自宅の漫画専用本棚を披露したのだが、ファンからは「これは凄い、想像以上の大きさ」と驚きの声があがっている。

 

この日のブログのタイトルは「1にも2にも嫁入り道具!!」というもの。この“嫁入り道具”とは彼女の所有する漫画のことで、ブログでは「私にとっては自分の人生の一部」と並々ならぬ思いを綴っている。そんな文面とともにブログには漫画専用本棚の画像が掲載された。新居を立てる際に建築士に頼み込んで作ってもらったというその本棚は、らせん階段に沿うように並んでおり、上段は上の階まで続いているのか写真から見切れてしまっている。

 

この巨大すぎる本棚にファンからは「で、でかい。だけど階段沿いにあるから上の段の本も取れるようになってるのか」「素直に羨ましい!」「本棚もすごいけど本の量にも驚き」「もうこれは部屋というより書庫といった方が良いのでは?」との声が上がった。

 

また本棚に並べられている漫画のラインナップに注目する人も。画像からは『円舞曲は白いドレスで』といった少女漫画だけでなく、『ONE PIECE』『鋼の錬金術師』などの漫画も数多く見受けられることから「少年漫画多いな!」「『シティーハンター』とか『KYO』も読んでるとは… 是非お酒を酌み交わしたい」「本棚めっちゃオシャレだけどラインナップが完全に俺んち」との声もちらほら。

 

ちなみに同ブログでは「独身時代(10年前)ですでに500オーバー」との数字も明かされているのだが、週刊連載している少年漫画にとって10年はかなりの年月。『ONE PIECE』だけみても2007年から2017年4年にかけて計39巻が発売されていることから「10年前で500冊って! どのくらいまで膨れ上がってるのだろう…」「最新刊全部集めてたら少年漫画だけで500冊超えてしまうのでは?」と心配する声も。現状で何冊の漫画を所持しているのか気になるところだ。