「海月姫」で瀬戸康史が着ていた可愛すぎる衣装が大反響! 通販サイトで注文殺到?

1月15日に芳根京子主演の月9ドラマ「海月姫」の第1話が放送された。同ドラマは衣装が重要な役割を果たすことも多く、放送中には女性視聴者から出演者が着ている衣装についての反響が多数上がっていた。そこで、特に注目を浴びていた「海月姫」第1話のファッションを紹介!

 

まずは、瀬戸康史演じる女装男子・蔵之介が、芳根演じるオタク女子・月海と渋谷に行った際に着用していた赤いロングコート。瀬戸の女装姿は女性からも憧れの眼差しを向けられるほど大きな話題になっており、このシーンに対してネット上では「女子力高すぎるやろ! 赤いコート欲しい」「可愛いすぎてカッコよすぎて好き。てかコート可愛い」「瀬戸くんが着てたコート、まさに探してた色なんだが」「瀬戸くんの服可愛い。ほしい、めっちゃ可愛い。好み過ぎて涎出る」といった声が。

 

 

このコートは「アンスリード(UN3D.)」の「バックフラップロングコート(BACK FLAP LONG CT)」らしい。赤以外にもブルーやブラックを展開していて、WOOL100%素材のため軽くて温かいのが特徴。定価は税込み48,600円と高額だが、蔵之介はお金持ち設定なので役にあった衣装と言えるだろう。

 

続いては、地味な服ばかり着ていた月海が、蔵之介のコーディネートによって一気に可愛らしく変貌した時に着用していたピンクのワンピース。月海の印象が180度変わって視聴者に衝撃を与えたシーンだが、この演出を際立たせた衣装には「凄い! こんな印象変わるもんなんだ!」「ピンクワンピの芳根ちゃん可愛すぎる!」といった反響が起こった。

 

 

この衣装は「Kete Spade(ケイトスペード)」の「CHECKING IN BLOOM FLOWER LACE DRESS(チェッキング イン ブルーム フラワー レース ドレス)」らしい。定価は税込みで5万円超えなのだが、「Kete Spade(ケイトスペード)」の公式サイトでは1月17日時点で在庫切れの状態となっている。

 

今後も衣装が話題になりそうな「海月姫」。ドラマを見ていれば自分が大好きな衣装に出会えるかもしれない。