米津玄師の新曲がサプライズ発表! 日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』で流れた「馬と鹿」に反響続々

 

2019年7月7日(日)に、日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』(TBS系)が放送。米津玄師による主題歌「馬と鹿」が話題になっている。

 

同ドラマは『半沢直樹』(TBS系)を生み出した池井戸潤の書き下ろし小説が原作。大泉洋演じる君嶋隼人が、社会人ラグビーチーム“アストロズ”の再生を目指して数々の逆境に立ち向かっていく物語だ。主題歌である「馬と鹿」は、第1話の終盤でサプライズ発表。アストロズが一致団結して再起を誓うシーンで流れ出した新曲に、放送直後から大きな反響が寄せられた。

 

実際に番組の視聴者からは、「サプライズ過ぎてドキドキした! こういう演出はいいなぁ」「これはいいサプライズ。素敵な七夕になりました」「めっちゃいい曲じゃん。はやくフルで聞きたい!」「不意打ちだったからまだドキドキしてるwww」という声が続出。また放送を見逃したファンからは、「見逃し放送絶対見るわ」「まるっきりノーマークだった…。来週からはリアタイだわ」「教えてくれてたら最初から見たのにー!」と悔しがる声も上がっている。

 

第1話の放送終了後に、米津は自身のTwitterを更新。サプライズに驚く視聴者へ、「大泉洋さん演じる君嶋が、逆境の中をひとつひとつ進んでいく様をどうにか音楽にできないかと探っていった末にこの曲ができました」とコメントしている。まだ始まったばかりの君嶋とアストロズの挑戦がこれからどうなるのか、米津の新曲と共に注目していきたい。