「ウィーアー! の一味」が帰ってきた! 『ONE PIECE』新主題歌を聞いたファンから「やっぱりきただにさんじゃないと」の声


2019年7月7日(日)に、アニメ『ONE PIECE』(フジテレビ系)が放送。きただにひろしによる新オープニングテーマ「OVER THE TOP」が流れたことで、ファンから歓喜の声が上がっている。

 

きただには、1999年に放送を開始した同番組の初代主題歌「ウィーアー!」を担当。作品のストーリーにマッチした歌詞とポップな曲調で、『ONE PIECE』を代表するイメージソングとしてファンに長く愛されてきた。放送開始から20周年を迎える今年、約8年ぶりに「ウィーアー!」を作曲した“ウィーアー! の一味”が再集結。新曲「OVER THE TOP」で、新しく始まる“ワノ国”編を彩っていく。

 

作曲を担当した田中公平は、「自分を信じてどこまでも突き進む我らが麦わら一味。彼らに限界など存在しない」「これ以上の熱量と愛情を持った曲を、私は知りません。まさに『ウィーアー!』を越える『スーパーウィーアー!』な曲です」とコメント。

 

放送で新曲を聞いた視聴者からは、「ニューOPいいね! やっぱワンピはきただにさんだわ」「“ワノ国”編からの新OPがきただにさんだった。めちゃくちゃいい曲だし、気合い入ってるなぁ」「きただにさんが帰ってきたと思ったら作詞作曲も『ウィーアー!』手がけた人たちとか最高かよ。ありがとう…」といった声が続出している。

 

今年8月には映画「ONE PIECE STAMPEDE」の公開を控える『ONE PIECE』。20周年を超えてまだまだ盛り上がりを見せる国民的作品から、今後も目が離せない。